メニュー
閉じる
税理士法人タカハシパートナーズ

相続の知識

KNOWLEDGE

よくある相談事例(相続税のお尋ね)

2020.01.14

税務署から相続税のお尋ねが届いた 当事務所に「税務署からお尋ねが届いた」という方からのご相談が多くあります。 「税務署からのお尋ね」とは お尋ねとは、税務署からの申告案内です。 税務署側で把握しているデータを基に、相続税…

相続の基礎知識⑤

2019.12.24

FMちゅーピー「円満相続安心くらぶ」(令和元年12月20日)」に出演しました。 ラジオ出演内容 相続の基礎知識(相続の手続き) 相続の基礎知識②(相続税の基礎知識) 相続の基礎知識③(遺産分割の手続き) 相続の基礎知識④…

宅地の不合理分割

2019.12.23

贈与、遺産分割等による宅地の分割が親族間等で行われ、その分割が著しく不合理であると認められるときは、所有者単位で評価するのではなく、その分割前の画地を「1画地の宅地」として評価します。 例えば、下図の宅地をAは甲が、Bは…

宅地の評価単位

2019.12.16

宅地の一部を使用貸借により貸し付けている場合 宅地の一部を貸家の敷地としている場合 数棟の貸家の敷地としている場合 宅地を分割して取得した場合

土地の評価上の区分・評価単位

2019.12.09

土地の価額は、上表の地目別に評価します 地目は課税時期の現況によって判定します 何年間も耕作しないで放置している田畑で、雑草等が生育し、田畑として利用できないものは、原野又は雑種地として評価します。 土地の価額は、上表の…

親子間などの金銭貸借

2019.12.03

親と子、夫と妻、祖父母と孫のように特殊関係者間でお金を貸したり借りたりすることはよくあることだと思います。その場合、貸借の書類を作らないことがほとんどです。 また、きちんと返済していてもその返済を現金でしてしまい、返済事…

家族名義預金について

2019.11.25

形式的には配偶者や子・孫の名義にしているが、収入から考えると実質的には、名義人以外の所有者がいる、つまりそれらの親族に名前を借りているにすぎないものをといいます。 したがってその預金は、名義人のものではありません。名義を…

ページのTOPへ戻る