メニュー
閉じる
福山・岡山・広島で相続税に強い税理士なら税理士法人タカハシパートナーズ

相続の知識

KNOWLEDGE

利用価値が著しく低下している宅地の評価

2021.08.02

 次のようにその利用価値が付近にある他の宅地の利用状況からみて、著しく低下していると認められるものの価額は、その宅地について利用価値が低下していないものとして評価した場合の価額から、利用価値が低下していると認められる部分…

債務免除等を受けた場合

2021.07.19

 対価を支払わないで、又は著しく低い対価で債務の免除、引受け又は第三者のためにする債務の弁済による利益を受けた場合には、その利益を受けた人が、債務免除等が行われた時にその債務免除等に係る債務の金額を、

路線価について

路線価について

2021.07.16

レディオモモ「まかせて相続」(令和3年7月15日)」に出演しました。 ラジオ出演内容

著しく低い価額で財産を譲り受けたとき

2021.07.05

   著しく低い価額の対価であるかどうかは、個々の具体的事案に基づき判定することになります。法人に対して譲渡所得の基因となる資産の移転があった場合に、時価で譲渡があったものとみなされる「著しく低い価額の対価」の額の基準と…

相続財産から控除できる葬式費用

2021.06.21

 相続税を計算するときは、一定の相続人及び包括受遺者が負担した葬式費用を遺産総額から差し引きます。 1 葬式費用となるもの  遺産総額から差し引く葬式費用は、通常次のようなものです。 2 葬式費用に含まれないもの  次の…

相続財産から控除できる債務

2021.06.08

相続財産から控除できる債務  相続税を計算するときは、被相続人が残した借入金などの債務を遺産総額(相続時精算課税の適用を受ける贈与財産がある場合には、その価額を加算します。)から差し引くことができます。 1.遺産総額から…

ページのTOPへ戻る