メニュー
閉じる
税理士法人タカハシパートナーズ
相続の知識
KNOWLEDGE

エンディングノートの書き方と保管方法

エンディングノートの書き方

エンディングノートとは、新しい形の遺言書です

自分にもしものことがあった時のために、


  • 家族への伝言
  • 病床に伏した場合の介護や治療法
  • 葬儀、埋葬方法
  • 財産、保険、クレジットカードについての情報
  • 家系図
  • 自分史  等・・・

多岐に亘る項目について健康なうちに書き記しておくことで、家族や大切な人へ自分の思いを伝えます。これから先、自分に何かあった時に、まわりの人が困らないように備えるとともに、自分の「希望」をかなえることを目的としています。

エンディングノートの保管方法と注意点

1.身近な人に保管場所を伝えておく

自分に「万一」のことがあった時、まわりの人がすぐに確認できるように伝えておきましょう。

  • ノートの存在と保管場所
  • どんなことが書いてあるのか

2.プライバシー情報が漏れないようにする

3.複数のエンディングノートを使い分けてもよい

  • 医療・介護関係について記入したノートはすぐ取り出せるようにわかりやすい場所へエンディングノート保管
  • 財産や相続関係について記入したノートは金庫へ保管


エンディングノートと遺言書

ページのTOPへ戻る