メニュー
閉じる
税理士法人タカハシパートナーズ
相続の知識
KNOWLEDGE

宅地の評価単位

宅地の一部を使用貸借により貸し付けている場合

土地A、土地B全体を1画地の宅地として評価

宅地の評価単位1

宅地の一部を貸家の敷地としている場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

甲の財産を評価する場合、土地A→自用地、土地B→貸家建付地で評価します

宅地の評価単位2

数棟の貸家の敷地としている場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

甲の財産を評価する場合、土地A→貸家建付地、土地B→貸家建付地で評価します

宅地の評価単位3

宅地を分割して取得した場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

宅地の評価単位4

ページのTOPへ戻る